建物とイラストを合成する今はないフォトスポット

フォトスポット・マットショット USJ 雑文
スポンサーリンク

USJのオールドファンなら知っているでしょう。

このフォトスポット。

フォトスポットグラマシーパーク

 

角度を変えて、裏から撮った写真もあります。

フォトスポット・マットショット

 

これは、マットショットと呼ばれたフォトスポットでして、設置されているものに描かれている建物のイラストと、実際の建物を合成した写真を撮れるのです。

マットショットとは、当時のUSJのHPから説明を引用してみます。

マット・ショットとは、映画撮影に使われる特殊効果で、背景を絵やコンピュータ画像に置き換えること。

とのことです。

絵の部分をアップにしたのが下の写真です。

フォトスポット・マットショット

 

この写真を撮ったのは2007年。

2007年といえば、Appleが「iPhone」をアメリカで発売した年らしく、スマートフォンを使っている人はほぼいない状況でした。

そんな理由から、このフォトスポットの説明では、台の上にカメラを置くと書かれています。

 

 

このようにして撮った写真。

果たしてどのように写っているのか気になりますよね。

上の説明書きの写真をアップにしてみましょう。

 

フィルムカメラで撮ったような雰囲気の写真で、うまく合成されていると思います。

ただ、残念なのが建物の上が切られていること。

 

残念な部分が見える写真を貼ってみます。

 

奥に摩天楼がそびえ、鉄橋も見えます。

建物の位置は、ある程度合っています。

 

スポンサーリンク

 

曇り空で、影が強く出ない条件なので、色合いもわりと自然だと思います。

しかし、摩天楼の部分はイラスト感が否めませんね。

このようなフォトスポットが、ユニモン前にもありました。

このブログを書くために探したのですが、その写真が見当たらず、紹介するのを断念しましたが、もし、見つかったら紹介してみます。

 

このフォトスポットは、フジフィルムが関係していたように思うのですが、撮った写真にフジフィルムの名前は見当たりませんでした。

フジフィルムといえば、パーク内の絵になる場所に、こんなのがあったのを覚えている方、いるでしょうか?

フォトスポット

 

フジフィルムは今もマーケティングパートナーなのですが、このフォトスポットもいつのまにかなくなっていました。

今日は、USJの懐かしいフォトスポットを紹介してみました。

コメント