スポンサーリンク

USJでパレードを見る時避けたほうが良い場所

パレードルート USJ ショーとパレード

USJで行われるパレードを見るとき、ポジションによって見にくくなる場所があります。

言い換えると、避けたほうが良い場所があるのです

今日は、パレードが始まると、見にくくなってしまう可能性が高いポジションについて書いてみます。

 

スポンサーリンク

パレードルート概要

今回、紹介するような場所はパレードルート上、いくつかあますが、今日は、アトラクション、シング/SINGの近くにある場所を例にとり説明していきます。

 

パレードルート

 

上の写真はパレードルートとなっていて、写真奥に向かってパレードが進みます。

 

ゲストが観覧するエリアは、下の写真で説明すると、赤い線の右側。

一段上がった歩道部分と石畳・レンガ道の部分です。

 

パレードルート

 

パレードを見る時避けたほうが良い場所

 

歩道と車道をまたぐような観覧エリアはパレードルート上にたくさんあり、見るのを避けたほうが良いのは車道部分の段差がない場所なのです↓

 

パレードルート

 

上の写真で示した赤い部分は車道部分で、歩道部分のように一段上がっていません(青い矢印はパレードの進行方向です)。

 

下の写真は、パレードが始まる前の状況です。

石畳がゲストの観覧場所で、アスファルト部分がパレードルートになっています。

 

 

石畳アスファルトという境界はあるのですが、実際にパレードが始まると、少しでも前に出てパレードを見たくなるのが人情でして、歩道のように段がないことにより、多くの人が前に出てしまうのです。

 

一段上がった歩道の場合、下の写真のように、段の上で見るというルールを守らないと目立ってしまうので、恥ずかしいことになります。

 

しかし、段差のない部分では、バラバラになってしまうことがほとんどです。

 

USJのパレードは全員立ってみるスタイルが多い

USJで行われる多くのパレードは、最前列から立ってみるオールスタンディングのスタイルが多くなっています。

最前列が座っていると、前に出てゲストが観覧するLINEがバラバラになることはあまりないのですが、オールスタンディングの場合、どうしても前のめりになってしまいます。

 

前のめりになる人が増えると、本来あるはずの観覧のラインが前に出てしまいます。

そうなると、ルールを守っている人は、進んでくるフロートが見えなくなってしまうのです。

目の前を通るパレード・フロートはちゃんと見えるものの、このことで、一番かわいそうなのは小さな子供さんなのです。

 

まとめ

海外からのゲストも多く、ルールを伝えようにも伝えられなかったり、伝えることでトラブルになることもゼロではありません。

USJのクルーがたくさんいて、キチンとゲストの動きを見てくれていれば良いのですが、十分にクルーが配置されることは、まずありません。

こんな理由から、段差のない場所でパレードを見るのは避けるほうが良いと思います。

 

コメント