記憶に残るUSJクリスマス仕様の大門

2012年大門のクリスマスリース USJ クリスマス
スポンサーリンク

 

2021年のクリスマスツリーは、グラマシーパークの真ん中にに設置されることになりました。

天使のくれた奇跡から、クリスタルの約束につながるいつもの場所とは違う場所に設置されるので、それはそれで楽しみにしています。

天使のくれた奇跡が開催される前は、グラマシーパークではなくラグーンに設置されていたこともあったな。

と思い昔の写真を見返してみると、2011年に撮ったものが出てきました。

 

2011年ラグーンに設置されたのクリスマスツリー

 

このツリーの下が舞台になっていて、夜になると、エンターテイナーがショーを演じてくれました。

 

2011年ラグーンに設置されたのクリスマスツリー

 

今では、USJのクリスマスといえば、巨大クリスマスツリーとプロジェクションマッピングを合体させたショーが定番となり、その様子が記憶に残っています。

 

天使のくれた奇跡

 

ショーはとても印象的で素晴らしいもの。

これは間違いありません。

しかし、USJのクリスマスで強く印象に残っているものがもう一つあるのです。

それは、大門に吊り下げられていたクリスマスリースです。

 

パークで夜のショーを楽しみ帰るときに必ず見上げていたのが、2012年の大門なのです。

 

2012年大門のクリスマスリース

 

大門の演出では、このクリスマスの仕様のものが、これまでで最高に美しく、心に残るものだと個人的に思っています。

ツリーやショーはもちろん印象的で美しいのですが、来年、コロナが落ち着いていたら、こんな演出をしてほしいと思うのです。

 

2021年のUSJのクリスマスイベントが本格的に始まるのは2021年11月26日からとなっていて、来年、2022年1月10日まで開催されます。

コメント