今日は天使のくれた奇跡2の観覧エリアについて

天使のくれた奇跡
スポンサーリンク

今日は天使のくれた奇跡2の観覧エリアについて書いてみます。

天使のくれた奇跡2では、無料と有料の観覧エリアがあり、有料エリアは
チェックインパスというチケットを購入することにより、特別鑑賞エリアで
ショーを楽しむことができます。

一方、無料の観覧エリアでは、特別なチケットはなくとも、ショーを
楽しむことができます。

この方式は、これまで多くのショーで取り入れられているので、
ご存じの方も多いかと思いますが、知らない方もおられると思うので、
簡単に説明しておきましょう。

USJでは、ショーやアトラクションに優先的に入れたり、特別なエリアで
ショーを観覧できるチケットを販売しています。

このような優先入場券のチケットの種類の中に、さきほど書いた
「天使のくれた奇跡2 チェックインパス」というものがあるのです。

以前は無料の入場予約券が配布されていましたが、現在は、ほぼ無いと
言っていい状況になっています。

このチェックインパスを利用してショーを見るエリアのことを
「特別観覧エリア」と称し、ロープで区切られています。

写真のほうが分かりやすいので、ともかく3枚の写真を見てもらいましょう。

まずは舞台に向かって左側
12_11_21a.jpg

中央部分
12_11_21b.jpg

舞台に向かって右側12_11_21c.jpg

このように区切られておるのですが、現場を知っている人が見ると、
「なんじゃ」と思うことでしょう。

グラマシパークの真ん中と言いますか、人工芝が植えられている部分を囲む
歩道がありますが、その中央部分のほとんどが、特別鑑賞エリア…。

と、写真を撮った当初は思っていたのですが、一部除外がありました。

下の写真で矢印で示した左右の人工芝部分は無料エリアとなっていました。

12_11_21d.jpg

昨日はチェックインパスが完売していなかったようで、当日券の販売が
ありました。そのためか、無料エリアが広くなっていたようなのです。

ただし、チェックインパスが完売するような状況だと、この部分が
有料エリアになることが考えられます。

混雑していない日であっても、観覧エリアの中央部分と前方はすべて
有料エリアとなっています。

従って、ショーを真ん中で観たい場合は、チェックインパスを
購入する必要がありそうです。

コメント

  1. カラメル より:

    先日の平日に無料エリアで鑑賞しました。
    画像三枚目の赤い札が下がってる所です。
    (舞台向って右のスパイダーストア側)
    青い札が下がってる所は有料のようです。

    チェックインパスの当日券を
    スタスタのテラス横で移動カート販売していました。

    始まる頃には有料エリアも満席だったようですが
    ロープに仕切られた無料エリア内のゲストのみ
    キャンドルライトの貸し出しがありました。

    地球儀の舞台上にゲストが座っていたので
    クルーに尋ねたら
    「クリスマスツアー参加のゲスト席です。」との事でした。
    きっといい眺めでしょうね。

  2. しずく より:

    有利席は大賛成です。
    午前中からシートを広げて陣取る連中も排除出来るし・・・

  3. しずく より:

    上記コメントですが、有利席ではなく有料席です。
    すいません。

  4. ragtime より:

    >カラメルさんようこそ♪
    青い札の件と、当日券の販売は、ネタにしようと思っておりました^^

    あと、DAUの舞台の観覧席についても同じく(^^ゞ
    そのうち書きます。

    >しずくさんようこそ♪
    そんな意見があったのかもしれませんね。

    今回の観覧エリアについては。。。

  5. ざっきー より:

    スペースファンタジーや天使のくれた奇跡(ver.1)
    もこの賞を受賞してるらしいです。

    それはさておき…
    この方見るたびいつもすごいと思ってしまいます^^

    ハロウィンのパレード・デ・カーニバルの時
    到着を待機しているゲストにテーマ曲を演奏して
    あちこちから拍手喝采になってたのを思い出しました。
    その後パークサイド前で別の曲を演奏してはりました。

    ピーターさんおめでとうございます。
    と同時にこれからのご活躍、期待しております。

  6. ragtime より:

    >ざっきーさんようこそ♪
    賞は色々あるんですね。

    ピーターさんの多彩な才能に驚かされることが多かったので、
    賞をもらっても驚くことではないのかもしれませんが、
    なんか嬉しいですよね。