スポンサーリンク

冷凍光線銃タイプの【ハンディファン(扇風機)】お土産の特徴と価格

ミニオンの映画に出てくる『冷凍銃』タイプのハンディファン USJお土産

 

ここ数年、暑くなってくると、手に持って使う携帯型の扇風機、『ハンディファン(扇風機)』を使う人が増えていますよね。

熱中症対策が盛んに言われるようになり、手軽に使えるこういったものに注目が集まっているのかもしれません。

 

100均でも手に入るようになった今、世の中にはたくさんのハンディ扇風機が販売されているわけですが、今日は、USJならではの、変わり種のハンディファンを紹介しようと思います。

 

それは、タイトルにもしているミニオンの映画に出てくる『冷凍銃』タイプのハンディファンです。

 

ミニオンの映画に出てくる『冷凍銃』タイプのハンディファン

 

映画に出てくる冷凍銃とは大きさがまったく違いますが、『-100°』とか書かれていて、映画を見た人であれば、ちょっと興味を引くんじゃないでしょうか。

 

扇風機になっているのは銃の先端部分となっています。

 

スイッチを入れると、ここが回って風を送るのです。

 

 

羽根は柔らかい素材で作られているので、回転しているときに触ってもケガをすることはないでしょう。

羽根が小さいので風量は、そんなに強くないように感じます。

 

風量のほか、使ってみて残念だったことがあります。

それは冷凍銃なのに冷たい風が出なかったこと。

そんな工夫があれば、もっと面白かったんですがね。

 

販売価格は2400円となっています。

コメント