USJでも「孫の手」や「耳かき」のお土産を売っているのです

シェアする

温泉地や観光地の土産物屋さんに行くと、孫の手や耳かきを見かけませんか?

どこに行っても必ずあるんですよね。

実はUSJもこの例に漏れず、この二つがちゃんと販売されているのです(^.^)
今日は定番のこのお土産の紹介です。

まずは孫の手から紹介してみましょう。

孫の手や耳かき

スパイダーマンやキティちゃん、エルモがモチーフになったものがありますね。

この中でスパイダーマンだけは孫の手というよりも、ツボ押しのようで、指の形がなかなか面白い。

価格は1300円や1600円のものが並んでおります。

次は耳かきの紹介を↓

孫の手や耳かき

この什器に置かれている商品がまるまる耳グッズなんです^^

耳かきはもちろん、綿棒まで販売されていることを今回初めてしりました↓

綿棒750円↓
孫の手や耳かき

モッピーの耳かき450円↓
孫の手や耳かき

耳かき・孫の手を持ってレジに並んでいる人をそんなに見かけないのですが、全国各地どこにでもあるということは、安定して売れ続けているものなのでしょうね。

実はこのブログを書いてて思い出したことがありまして、7~8年前に鳥羽に旅行に行ったとき、ワタシも孫の手を買ってきたことがありました^^

使い心地があまりに良いので予備が欲しいと思いネットで探したものの、当時は見つからなかったのですが、改めて探してみると楽天などで販売されていました↓

かく恋棒」というらしく、これはビミョーな突起に特徴がありまして、背中を掻くと絶妙な心地よさがあり、お気に入りの孫の手なんです^^

これを使うと旅の事を思い出すことがあるので、思い出の土産物となっております。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. をとこざわ より:

    かく恋棒!
    私も愛用してますよ~。
    USJの耳かきも愛用してますが、綿棒は知りませんでした。
    次に行った時はさがしてみます。

  2. USJ与太話管理人 より:

    おーっ!
    かく恋棒愛用者が(笑)
    見た目は金属で痛そうに見えるんですが、なんとも心地イイんですよね。
    これを使っていて他のものを使うと頼りなくてダメなんです^^

    綿棒にはワタシも驚きました。