2017年度クリスマスイベント最終日のUSJ

シェアする

USJでは一年を通して色んなイベントが行われています。

そのイベントには最終日というものが当然出てきます。

この最終日には雨が降る、というジンクスのようなものがUSJにはあるのです。

昨日は2017年度のクリスマスイベント最終日。

そして、ウォーターワールドも現行のショーが観られる最終日でした。

またもやも雨でした…

ウォーターワールドについては後日書くとして、クリスマスイベント最終日の様子について触れてみます。

ワタシがパークに着いたときは小雨が降っていたものの、傘は必要のない状況でした。

小雨とはいえ雨天なので、キャラクターとのグリーティングはキャノピーと呼ばれる大屋根の下で行われていました。

雨の影響と、三連休と長い正月休みを取っている方にとっては最終日。

連休最終日は混雑が少し緩和することがあるのですが、昨日もそんな感じでありました。

100分を超えることが日常になっているフライングダイナソーがこんな待ち時間でした。

ワタシは昨日の空模様から屋外のショーはすべてキャンセルだと思い込んでいまして、パークに到着したのは午後3時でした。

その時間にパーク内を歩いてみると、路上には紙吹雪の後と、小さな風船を持ったゲストをたくさん見かけたことから、ミニオン・ハチャメチャ・クリスマス・パーティーが行われたことを知りました。

そのことを認識したころ、パークの雨が少し強くなり、傘が必要なほどになっていました。

天使のくれた奇跡の会場であるグラマシーパークには、雨の中、ショーを待つ人の姿がありました。

強くなりだした雨。

ここでまたワタシはショーはキャンセルだと思い込んだのです。

そしてUSJを後にしました。

ブログを書く段になり、天使のくれた奇跡がどうなったのか気になりました。

こんな時、とてもありがたいのがTwitter。

調べてみると、『雨バージョン』でショーが開催されたようなのです。

ワタシは待つ勇気が無かったので見られなくても仕方ありません。

そんなワタシはともかく、雨バージョンであれ待っていた人が救われたと思いましたね。

そんなこんなのクリスマスイベント最終日でありました。

スポンサーリンク

季節感も大切だと思うのです

クリスマスツリーは見事で素晴らしい。

ショーも素晴らしい。

でもね、昨日は新年8日です。

最後にこんなことを書くのは気が引けますが、出来れば来年度からはクリスマスイベントは、せめて大晦日までにしてほしい。

何を言いたいのかと申しますと、ワタシの希望としては、季節感を大切にしてほしいと思うのです。

季節感を大切にして、新年は年が改まったイベントを見せて欲しいのです。

水たまりにクリスマスの象徴が写っていた、2017年度クリスマスイベント最終日のUSJの話でした。

 
 
 
ランキングに参加しています
下の写真をクリックしてくれると嬉しいです♪

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. コイデ より:

    こんにちは。

    わたしもできるだけ最終日は見に行くようにしているのですが、特に昨日は、ウォーターワールドのリニューアル前の最終日だったので見に行きたかったのですが、どうしても休みが取れず行けませんでした。

    天使のくれた奇跡は、わたしも何度か雨・雪バージョンを体験しているのですが、短縮となりますが、キャストが傘をさして出てきて歌を歌ってくださるバージョンは良い方で、雨・雪が激しい場合は、プロジェクションマッピングだけで、誰も出てこず歌声だけが聞こえるバージョンになります。最後に花火は上がりますが、やはり、残念な気持ちになりますね。

    有料観覧席で見ている方達は、どちらのバージョンも終了後、購入金額相当のUSJで使用できる金券が頂けますから手続きを忘れないようにしてくださいね。

    • USJ与太話管理人 より:

      >コイデさんようこそ♪
      仕方ないものの楽日の天気は残念でしたね。

      天使については、動画を見つけられなかったので、どの程度のショートバージョンだったのか分かりません。

      でも、まったく見られないよりはマシと思うほかないのでしょうね。

      最終日はいつもと違った雰囲気がありますよね。
      ワタシが今でも忘れられないのは、ハピハモの最終日です。

      ゲストだけでなく、エンターテイナーも涙する最終日でありました。

  2. さき より:

    こんにちは

    ロシア正教ではクリスマスが1月7日になるので、それでやっているのではないでしょうか。
    12月25日はあくまでカトリックのクリスマスらしいです。

    • USJ与太話管理人 より:

      >さきさんようこそ♪
      ワタシは宗教に関して無知なのでクリスマスについて詳しいことは分かりません(汗)
      でも、ロシアではそうなのですね、勉強になりました。

      今のように正月明けまでクリスマスイベントを始めた最初の年は、アメリカの一部の地域だったかよその国だったかでは、クリスマスツリーを年明けまで飾っておく風習があるということを説明してしいたことがあります。

      その時、多くの人が抱いている違和感を払拭しようと努力しているのだな、という感じを受けました。でも今はそんな説明もなく当然のようになっています。

      それはそれで良いとしても、新年のイベントはカウントダウンだけになっています。
      ワタシはそこも寂しいのです。。。