パーク内の飾り付けがクリスマス仕様に

シェアする

クリスマスイベントを控えるUSJでは、パーク内の飾り付けがクリスマス仕様に変わっています。

そんな中で一番目を見張るのはクリスマスツリー↓

囲いが取れて、すべてが見えるようになりました。

あとは、どのような光の演出になるのかが気になるところです。

クリスマスシーズンを代表するこのクリスマスツリーの存在感は、パーク内で頭一つも二つも抜けています。

そして、イベントごとにデザインを変えるものがありまして、それもクリスマス仕様になっています。

昨日のブログでも、それを紹介しているので、また貼ってみます↓

街頭に吊られている『タペストリー』というのですかね、これが変わるとイベント感が一気に変わります。

このタペストリーに描かれているのが白いクリスマスツリーとクッキーマン。

ワタシは何気なく見ていたので、そのデザインに違いがあると感じていませんでした。

もし、違うキャラクターが描かれていたら色味が違うでしょうから、すぐに気づいたと思うのですが、白いクリスマスツリーと靴キーマンは同じなんです。

でも、クッキーマンの様子が少々違っていました。

そのデザインを見てもらいましょう↓

最後に紹介するのもクッキーマンとクリスマスツリーなんですが、ワタシはこのデザインのクッキーマンを見た時、奈良のゆるキャラ『せんとくん』に見えてしまったのです↓

このせんとくんのようなクッキーマンを見てことで、デザインが違うと気づきました^^

さらにもう一つ紹介したいのは、パークの外にあるタペストリー。

大門前に設置されている街灯には、こんなタペストリーが吊られていました↓

こちらはパーク内のそれとはデザインがまったく違っていました。

スポンサーリンク

今年も巨大クリスマスリーフはなさそうな感じ

もう一つパーク外の話として、大門の飾り付けについて。

クリスマスシーズンになると、巨大なクリスマスリースが飾られて、パークに入る前からクリスマス気分が盛り上がったことがあります。

でもここ数年は、姿を見せておらず、今年もあの巨大リースはなさそうです。

クリスマスらしい大門の飾り付けがないのは、ちょっと寂しい気がします。

ランキングに参加しています
下の写真をクリックしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村 テーマパーク

スポンサーリンク

フォローする