コンパクトカメラの設定について

シェアする

昨日に引き続き、マジカル・スターライト・パレードの写真撮影について。

昨日は、ワタシ自身が使っている一眼レフの設定について書いたので、
今日はコンパクトカメラの設定について。

初めて見る人も、そうでない人も、このパレードで一番目をひくのは
フロートの鮮やかさだと思います。

このフロートを撮るとき、ストロボはOFFがオススメ。
(デジ1でも同じことが言えます)

カメラのストロボの設定を「AUTO」にしていると、おそらくストロボが作動して、
フロートの明かりが、ちょっとしらけた雰囲気に写ってしまうかと思います。

しらけた写真の例を出してみます。

例その1

例その2

【例その1】
道路がストロボの明かりに照らされて、ナイトパレードの雰囲気がなくなっています。

【例その2】
ダンサーさんが前にいて背後にフロートがある場合、前にいるダンサーさんに
ストロボの明かりが強くあたり、背後にあるフロートがよく分かりません。
たぶん、この手の失敗が多いはずです。

ただ、ダンサーさんもフロートも一緒に撮りたいときもあるはずです。
そんなときはどうするのか?

カメラの設定でストロボの調光補正ができるものであれば、
光を弱くする補正をして撮ると、上手くいくことがあります。

これも例を出してみましょう。

ストロボOFFで撮ったものは、フロートは分かるけど、
ダンサーさんの姿は見えなくなってしまう。

弱くストロボを使用した場合、ダンサさんの姿も分かるようになります。

この補正量については、ストロボの大きさやレンズの明るさ、それにプラスして、
被写体までの距離や被写体の明るさも関係してくるので、これがベスト。
という設定は一概には言えないのです。

参考までにワタシの設定を書いておきますと、カメラの内臓フラッシュ使用で、
マイナス1段~や1段と1/3とかが多いですね。

また、ナイトモードのような、夜景を撮るモードがありますけど、たいてい、
このモードにするとシャッタースピードが遅くなり被写体ブレと言って、
フロートがブレた写真になってしまうこともあるでしょう。

ただ、最近のカメラは賢いので、すべてがそうだとは限りませんが、
失敗した写真の多くは、そのパターンが多いだろうと想像します。

自分が使っているカメラの性能によって左右されますので、その性能が
どの程度なのかを判断するには、一度試すほかないのが辛いところなんです…

そんなことで、ここまで書いてきた何なんですけど、確実に思い出に残したい
場合は、カメラよりビデオのほうが良いかもしれないですね。
最近のハイビジョンビデオの性能ってスゴイですから^^

ワタシの場合は、単に写真好きということで、ああでもないこうでもない。
と頭をひねりつつ、撮ってるのが楽しいんです(^^♪

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. てんちゃん より:

    見事な作例と解説です!
    スターライト・パレードを撮影される方に良いアドバイスとなりますね。
    私も明日23日にパレードを初見しますので、デジイチで押さえるつもりですが、荷物を少なくしたいので、持ち込むのを明るい玉一本で行くか、高倍率ズームの高感度にするかが思案所ですねw

  2. てんちゃん より:

    見事な作例と解説です!
    スターライト・パレードを撮影される方に良いアドバイスとなりますね。
    私も明日23日にパレードを初見しますので、デジイチで押さえるつもりですが、荷物を少なくしたいので、持ち込むのを明るい玉一本で行くか、高倍率ズームの高感度にするかが思案所ですねw

  3. てんちゃん より:

    見事な作例と解説です!
    スターライト・パレードを撮影される方に良いアドバイスとなりますね。
    私も明日23日にパレードを初見しますので、デジイチで押さえるつもりですが、荷物を少なくしたいので、持ち込むのを明るい玉一本で行くか、高倍率ズームの高感度にするかが思案所ですねw