ハロウィーン・スペシャル・ナイトで注意して!

シェアする

いよいよ明日は、2009年のハロウィーン・スペシャル・ナイト初日。

今年はサンフランシスコエリアが加わり、規模が大きくなっております。

エリアが広くなったことで、通常のチケットでパークに入ったゲストが
遊べる場所が少なくなり、言い方を変えると、とばっちりを受けることに
なりますので、ご注意ください。

そのあたりを、昨年を例にして少し書いてみましょう。

最初に確認しておくことは通常営業時間との絡み。
ハロウィーン・スペシャル・ナイトの準備時間と通常の営業時間が
ダブっていることにより、年間パスやスタジオ・パス(1日券)、
そして午後3時から入場可能なハロウィーン・トワイライト・パスなどで
入場している人は、イベント準備の影響で、以下のエリアと
アトラクションが17時30分以降、クローズとなり、入れなくなります。

  • セントラルパーク
  • ジュラシックパーク
    (ジュラシック・パーク・ザ・ライド)
  • アミティ・ビレッジ
    (JAWSR)
  • スヌーピー・スタジオ
    (スヌーピーのグレート・レース、ペパーミント パティのスタント・スライド)
  • ラント・オブ・オズ
    (マジカル・オズ・ゴーラウンド)
  • サンフランシスコ・エリア
    (バックドラフトR)

通常の営業時間は19時までなので、上のエリアでは1時間30分遊べなく
なってしまうのです。ちょっと損した感じですよね。

上記のエリアを地図で見てみましょう。

薄いピンクで示したところがそのエリアです

地図で見てみると、パークのほぼ半分ぐらいが入場制限となってしまいます。

さらに詳しく知りたい方は、コチラの地図をご覧ください。
USJが製作しているMAPで、PDFになっているので、プリントしておくと、
当日便利かもしれません。

で、スペシャルエリアは、17時30分になると、下の写真のように、
エリアが柵で仕切られてしまいます。

2008年のハロウィーンナイトの模様です

ここから先には、このイベントのチケットを購入して、リストバンドを
持っている人であっても、イベント開始時刻にならないと入れません。

ちなみに、チケットの価格は大人・子供共¥3900。

ここまで書いたようなことで、通常の営業時間内であっても、
丸一日パークを堪能できなくなってしまいますので、

年間スタジオパス
スタジオ・パス(1日券)
午後3時から入場可能なハロウィーン・トワイライト・パス

などで入場する方はお気をつけください。
特に、ハロウィーン・トワイライト・パスの方はパーク全体を楽しめるのは
最大2時間30分しかありませんのでご注意ください。

ハロウィーン・スペシャル・ナイトは2・9・16・23・30日の金曜日に開催です。

明日はちょっとお天気が心配やな…

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク