ウォーターワールドで七色の帯を見た

シェアする

「虹」という文字を辞書で引いてみると
「太陽と反対側の空に弧状にかかる七色の帯」となっていて、
夏の季語だそうです。

ということを踏まえ、今日はUSJで見た虹の話^^

この日とっても天気が良かったんです。

年に何度も訪れるUSJですが、この日のように天気の良い日に行けるのは、
一年に何度もありません。

こんな日は光と影のコントラストが強いので、屋外のショーによっては
見にくいものがあります。

この日、3時頃に足を運んだウォーターワールドTMでは、シアターに向かって
右側に入ると、傾きかけた太陽が目の前になり、まともな逆光になるため、
非常に見にくい状況が予想されました。

なので、シアターに向かって左側で見たこの日、綺麗な虹を見ることが
できました。

虹を見ると清々しい気持ちになり、何か良いことがありそうな気がするんですよね。

やぐらの上からヘレンが放水する水によって虹が出来上がるんです。
放水後の水の下に虹がかかり、放水前の場所には何も見えない。
虹が現れたり消えたりと、ショーよりもそっちが気になっておりました^^

この虹の写真を見たあなたには、きっと良いことがあるはず?

スポンサーリンク

フォローする