ドローン・イントゥ・ア・ドリームのグリーティング

シェアする

雨が降ると、屋外のショーやアトモスは中止になり、
場合によってはキャノピー(大屋根)の下でグリーティングという
写真会のようなものが行われます。

そのほとんどは、純粋にゲストとキャストが写真を撮ったり、
ちょっとおしゃべりできたりするわけですが、
このドローン・イントゥ・ア・ドリームは、
このように絵を描くことから始まり、その後、写真会になるのです。

絵が完成するところを見ているのが、けっこう面白かったんですよ。

この日はエモーティコンの時間と重なっていたようで、
こんな場面も観られました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク