乗り物酔いしやすい人がザ・フライング・ダイナソーに乗る場合、食べすぎ飲みすぎに注意しましょう

シェアする

子供のころから乗り物酔いをすることが多く、遠足がバスでの移動と聞くと憂鬱でありました。

電車はそうでもなかったのですが、バスとタクシーのにおいがダメだったのです。

大人になると子供のころよりは強くなったものの、乗り物酔いの不安はありまして、特にグルグル回るアトラクションにはとても弱い。。。

なので、そんなアトラクションに積極的に乗ることはありません。

今日は、そんなワタシがザ・フライング・ダイナソーに乗ってみた話です。

昨日の寒くて気温が低い日は、屋外ライドが運休することがありますのブログで書いたようにとても寒い日でゲストが少なく、シングルライダーの待ち時間がわずか20分という短い時間だったので、この機会を逃してはいけないと思い乗ってみたのです。

ただ、先に書いたようにワタシは乗り物酔いをしやすい体質のうえ、前日は新年会がありまして、メニューは「すき焼きの食べ放題」。

年齢の事を考えずに、完全に飲みすぎ食べ過ぎで、胃の調子が良くなかった。

ただ、お酒に関しては二日酔いをするほど飲んだわけではありません。

ユニバーサルシティ駅に到着したのは午後2時前。

朝飲んだ胃薬が効いてきて、お腹が空いていたのでシティウォークのTGI FRIDAY’Sに行き、ランチバーガーを食べました。

ここに行ったことのある方はご存知でしょうが、ハンバーガーではあるものの、けっこうなボリュームがありまして、前夜、食べすぎ飲みすぎなのに、また食べすぎの感じ。

ここでも、体のことをちゃんと考えないのが情けないのですが、この時点では、パレードを見てからパーク内を歩いてネタ拾いをして帰るつもりでした。

そもそも寒すぎるので、パーク内をブラブラ歩く気にはなれなかったのです。

そんな中で見つけたのがザ・フライング・ダイナソーのシングルライダー20分の待ち時間でした↓

01_24b.jpg

この時点では、気分が悪いわけではありませんでした。

なので、このチャンスを逃すまいと乗ってみようと思ったのです。

01_25a.jpg

20分と出ていたものの、実際に並んだのは10分程度だったでしょうか、ライドに座り安全バーをお腹の所に下してきたとき、嫌な感じがしたんです。

『お腹を押し付けるような感覚』が嫌だったんです。

普通のジェットコースターならそれだけですが、ザ・フライング・ダイナソーは、発車前になるとガコンと姿勢がうつ伏せになります。

ということは、安全バーに体重がかかり、安全バーとお腹が密着して胃を圧迫することになります。

その結果、満腹すぎるお腹が気持ち悪かったのです。。。

こりゃマズイなぁ、と思うものの、ここまで来て『下して』とも言えない。

ライドが進みだしだんだん高くなってくる。

この時点では、『高さをまともに感じるものの、足元が見えない普通のライドよりは地面が見えるので恐怖感は低いな』と余裕がありました。

でも、それからひねりや回転が続くうちに『ウップ…』となってきまして、ライドを降りる頃は完全に乗り物酔いの気分の悪さがありました。

乗り物酔いをしやすい体質ではあるものの、ここまで気分が悪くなるのは予想外。

前日からの不摂生が原因なのは明らかです。

その後、ほどなくパークを出まして、シティウォークのマツキヨで『むかつき止め』を買って飲むも、あまり効果がない。

帰宅しても気分の悪さが続き、晩御飯もあまり食べられない始末。

久しぶりにこれほどの乗り物酔いをしたのでした。

ワタシのように乗り物酔いをしやすい人は、体調をちゃんと整えて、酔い止めを飲んでから乗るほうが良いかもしれません。

あと、乗る直前にお腹一杯食べるのもやめておくほうがイイですよ。

書いてると、その時を思い出し、またムカムカしてきました( ̄_ ̄|||)

ランキングに参加しています
下の写真をクリックしてもらえると嬉しいです♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村 テーマパーク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク