USJ内にあるATMと、消毒液がアルコールに変わっていた話

シェアする

今日は小ネタを二つ書いてみます。

年間パス以外の入場券でUSJに入った場合、途中退場ができません。

このことは、色々と不都合がありますが、その一つとして考えられるのが、パークに入ってから現金が心もとないことに気付いた時にどうすればいいのか? ということ。

そんな時に利用したいのがパーク内のATM↓

10_25b.jpg

ここは、パークに入ってすぐの所に見える大屋根の手前を左に入ったところにある、東京三菱UFJ銀行のATMです。

手数料などの条件はその方によって色々だと思いますが、パークを一旦出てしまうと、(本来は)再度入場券が必要になるので、多少の手数料は目をつぶれるかと思います。

トイレに設置されている消毒液について

次のネタは、以前紹介したトイレの消毒液について。

これはコメントで教えてもらい知りました。

2015年11月18日に書いたブログで、トイレに設置されている消毒液がアルコールから次亜塩素酸水に変わったということを書きました。

その消毒液が、またアルコールに変わっていたのです↓

10_25a.jpg

昨年のブログで紹介したときに使った写真を貼ってみるので、比較してみましょう↓

10_25a.jpg

この時は容器に『TOSHIBA』という文字が見えますが、現状のものは無くなっています。

ということは『TOSHIBA』がマーケティング・パートナーから外れたのか?

と思ったのですが、コチラのページで確認してみると、『TOSHIBA』はマーケティングパートナーとして名を連ねています。

消毒性能で考えると、アルコールよりも次亜塩素酸水のほうが圧倒的に高いので、なぜ弱いアルコールに戻ったのか?

大人の世界の話か、予算の関係か、何かの不都合があったのか、ワタシは不思議なのです。

消毒にも気を配るのはイイな♪

と思っていたので、ちょっと残念な変更なのです。

ランキングに参加しています
下の写真をクリックしてくれると嬉しいです♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
にほんブログ村 テーマパーク
スポンサーリンク

フォローする