ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-Dを見てきたので、あまりネタバレにならない程度のレポートを

シェアする

開催期間が2016年7月1日(金)~9月4日(日)となっている『ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D』。

開催されているのはシネマ4-Dです↓

07_05a.jpg

いつもなら、このシアターでは二つの出し物が用意されていて、時間によって切り替わるんです。

でも『ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D』は一日を通して『ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D』のみになっています。

丸一日『ドラゴンボールZ』なんです。

この日の一番の目的は『ウォーター・RE-BOOOOOOOORN・パーティ』でした。

USJに着いたのは、パーティ開始の10数分前だったので、まずはグラマシーに行きパーティーを体験。

このウォーター・リボーン・パーティ(以下「水パ」)で予想外に濡れてしまったので、歩きながら衣服を乾かすことにしました。

そんな中、待ち時間の掲示板を見ると『ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D』の待ち時間が40分と出ている。

シーズンが始まった所に加え、まだ本格的な夏休みに入っていないことを差っ引いても、予想外に短い待ち時間でした。

ただ、ワタシはネタ拾いをする必要がある。

まずはそれを済ませよう。

と思い、USJ内を歩き回りネタ拾いを済ませたタイミングが、2回目の水パが始まる時間でした。

それを遠目に見たものの、また濡れてしまった(^▽^;)

濡れたまま電車に乗るのはなぁ。

と思いつつゲートに向かって歩いておりました。

ゲートに行くには、必ず『ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-D』が開催されているシネマ4-D付近を通ることになります。

歩きながら、待ち時間を見た所「30分」になっていました。

できれば15分程度の時に観たい。
と思い、一旦はゲートに向かったものの、ワタシは引き返したのでした^^

というのも、混雑が続いたら、エクスプレスパスを買ってでも観ようと持っていたので、30分なら許容範囲を大きく外れないと思ったから^^

ということで、ワタシにしたら、ずいぶん早く体験してきたのです♪

シアターの中の様子は写真に撮れないので、写真で伝えることはできません。

なので、率直な感想を書いてみます。

とはいえ、始まって間がないので、あまりネタバレにならない程度に書いておきます^^

ドラゴンボールのアニメって、引っ張って引っ張って…

というものでしたよね。

でも今回のイベントは

とんとん拍子に進むストーリーが心地イイ

(一応)完結しているので、観終わってスッとする

一方で、物語がエンディングに向かう盛り上がりに欠けるのですが、これは限られた時間なので致し方ないと思います。

フルCGのドラゴンボールを初体験

フルCGのドラゴンボールを見たのは初めてでした。

ワタシはフリーザに違和感を感じなかったのですが、悟空に関しては、ちょっと違和感がありました。

ただ、これは2Dのものが3Dになることの違和感のほうが強く、気持ちの悪いものではありませんでした。

すべて観終った結果、けっこう楽しめました♪

07_05b.jpg

字幕が必要なんじゃ?

最後にストーリーに関係のない話を一つ。

世界的な人気アニメですから、日本人のみならず外国からのゲストの姿が多く見られました。

ワタシの前に並んでいたのは、たぶんアメリカ人の20代前半の男子グループ。

前説の部屋に入る前からテンションが高く、とても楽しみにしているのを感じました。

このグループだけではなく、ワタシが待っている間に、何人ものこんなグループが並んでいたのです。

列が進み、前説の部屋に入ります。

やがて扉が閉まり前説が始まります。

ここで気になったのが字幕がないこと。。。

海外からの観光客が多いのは分かっているのに、なんで配慮をしないのか謎なんです。

字幕といっても、英語だけで足りないのは分かっています。

字幕だらけになるとせっかくの映像が見えにくくなるので難しいと思うんですが、

字幕がないのはチト可愛そうな気がしたのです。

一番最後にこれだけ書いておきます。

ドラゴンボールZ・ザ・リアル 4-Dが開催されているのは「シネマ4-D」です。

アトラクションを体験する前に、この建物をちゃんと見ておきましょう。

そのほうが、このアトラクションを楽しめます。

一番上にも貼りましたが、もう一度貼っておきます↓

07_05a.jpg

07_05d.jpg

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク