ディスカバリーレストランの上に設置されたモニター

シェアする

ハロウィーンイベントが始まる前に書いた「ハロウィンイベントを前に、気になることが二つ」のブログで触れたディスカバリーレストランの上に設置されたモニターの件。

そのモニターが下の写真です↓

モニター

これね、ハロウィーン・ホラー・ナイトの演出で使われるのです。

ここに映像が流れます。

遠くから撮った写真なので、何が写っているのか分かりませんが、こんな感じです↓

ディスカバリーレストランの上に設置されたモニター

ここに映し出されるのはテレビのニュース番組のような作りで、同時に音声流れます。

音声について詳しくは覚えていないのですが、USJで新種のウィルスが発見されてWHOが調査に乗り出した?
てなことがアナウンスされていたように思います。

アナウンスの内容についてはうろ覚えなのですが、WHOの名称を出していいのぉ?
と、ここに一番驚きました。

2014年のハロウィーン・ホラー・ナイトは、これまでと演出が変わっていて恐怖感が増しています。

このブログを書くのに写真を整理していて、恐怖感が増した理由の一つを見つけたんです!

これついては明日のブログで書くことにします^^

☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ ))) ☆ )))

ハリー・ポッターエリアの入場確約券付プランはJTBだけ

USJ情報サイトスマホ版はコチラ
スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. クラウンさん より:

    このモニターってたぶんカウントダウンイベントにも使用すると思うのですが、クリスマスシーズン中は一度取り壊すのかなぁ…なんて考えたりしています。

    ニュースの内容は「USJに新種の狂犬病ウイルスが発生し、同じころ新しい刑務所に収監予定の凶暴な囚人たちが脱獄、その新ウイルスに感染し、ドえらい騒ぎになってる…」てな内容だったと思います。

    W.H.O.とS.W.A.T.が実名で紹介されていたのには私もビックリしました。

  2. USJ与太話管理人 より:

    >クラウンさんようこそ♪
    そうですよね。
    カウントダウンではまた使うだろうとワタシも考えています。
    取り外すのか、クリスマスシーズンも他の目的で使うのか… 気になりますよね^^

    凶暴な囚人たちがスーパーゾンビな訳ですね。
    彼らのクオリティが高いので、今年のナイトは面白いと感じてます。