天使のくれた奇跡Ⅱ 2013年バージョンレポート4

シェアする

しつこいですが、天使のくれた奇跡Ⅱ 2013年バージョンのレポートを。

ワタシはこのショーの見どころの一つは歌だと思っています。

コチラのページで紹介されているオペラシンガーの生歌が聴けるのですが、それに合わせてバイオリンの生演奏も奏でられます。

天使のくれた奇跡Ⅱ 2013年バージョン

天使のくれた奇跡Ⅱ 2013年バージョン

何をうたっているのか、意味は分かりません。

でも、歌声が体と心に響くのです。

光の演出
歌の演出
花火の演出
紙ふぶきの演出
そして圧倒的なスケールのクリスマスツリー

これが天使のくれた奇跡の魅力。

USJに足を運んだなら、ぜひとも観て欲しいショーです。

4回に渡って書いてきたレポートを読んだ方の中に「見てみよう」と思われた方がいるかもしれません。

そう。
ぜひとも観て欲しいのですが、今年の天使のくれた奇跡は、天候が良い日はとっても混雑することが予想されます。

無料エリア・有料エリアともに混雑しています。

なので、混雑しているがゆえ、注意しておくほうが良いことを書いておこうと思います。

ワタシが今年度の天使のくれた奇跡を体験したのは、たった1度なのですが、ありがたいことにたくさんのコメントをいただきました。

以下に、いただいたコメントと、ワタシが体験したことを織り交ぜて書いていきますので、実際とは違ったことがあるかもしれません。

ということで、これから書くことは、参考程度に考えてくださいませ。
では参考資料を。

良い場所で観たい場合、早めの行動をしないとダメなようです。

無料エリアの場合、早い人は入園直後から場所取りをする人がいるようです。

有料エリアの場合、集合時間が決められるようですが、その集合時間に指定の場所にいくと、すでに長蛇の列ができているようなので、有料エリアだからと安心していてはダメなようです。

ワタシの場合、平日の無料エリアで観覧しましたが、1時間半ほど前では、舞台に向かって左側の見やすい場所はすべて埋まっていました。

最低でも2時間以上待つ心づもりが必要かもしれません。
土日祝日は、さらに長い時間を待つ心づもりが必要でしょう。

ショーを待つ間の寒さ対策も必要です。
パークは風が強い日が多いので、ぬかりなく対策することをおすすめします。

手袋や帽子はもちろんのこと、準備の良い方は毛布を持って来て地面に敷く人や、薄いウレタン素材の敷物を持っている方もいます。

待ち時間が長くなると、途中で温かいものを買いたくなったり、トイレに行きたくなることがあります。

こんな時に注意してほしいのは、ショー時間が近づいてくると人が多くなり、足の踏み場がなくなってきます。
こうなると移動するのが大変になるため、できるだけ早い時間に済ませておくほうが賢明です。

これと同じような意味で、待ち時間を利用してアトラクションを楽しみ、ショー時間が近くなったころに、待っている人と合流することもあります。

そんな時も、入っていくのが大変になります。
開始間際だと、観覧エリアの真ん中あたりには、入っていけないかもしれませんので注意したください。

あとね、最後に一つ
防寒対策で帽子は良いアイテムなんですが、毛糸の帽子で、先っぽに丸いボンボリがついていたり、先が尖ったタイプのものがあるでしょ。

あれを被っている人が前にいると、正直、見にくいのです。。。
お互い様という気持ちで、できれば避けていただけたらと思います^^


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)公式アプリ – USJ.co Ltd

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ガーデナー より:

    初めまして♪いつも楽しみに拝見しています。
    先日撮ったツリーの写真が白トビでして、どうすればいいのか?と思っていた所でした。
    来年、リベンジしたいと思います。
    ありがとうございました(^^)

  2. いくみん より:

    iPhoneの場合はマイナス補正と言うのはないと思うんですが、白トビしてるとこをタッチしたら治りますかね?

  3. ragtime より:

    >ガーデナーさんようこそ♪
    ツリーも白トビしやすいですね。

    このマイナス補正は、夜景全般に使えることが多いので、補正の数値をカメラと相談しながら試してみてください。

    >いくみんさんようこそ♪
    カメラの高機能をうたってるスマホでも、露出補正はほとんどないと思います。

    白トビしてしまった部分は、たいてい、リタッチしても何が写っていたのか分からない場合が多いかと思います。

    どちらかというと、暗い「アンダー気味(真っ暗は別ですが)」のほうが、まだ補正の余地があるかもしれません。