ウォーター・サプライズ・パーティー2013 (スプラッシュタイム)

シェアする

前回に続き、ウォーター・サプライズ・パーティー2013のレポートです。
今回はショーのクライマックスであるスプラシュッタイムについて。

まず最初はダンサーのみなさんがウォーターシュター(水鉄砲)を持ってゲストの前にきます。

ウォーター・サプライズ・パーティー2013

ウォーターシュターでゲストに放水しますが、ゲスト(持っている人だけ)も応戦します。

この時は多勢に無勢でダンサー側が圧倒的に不利な形勢です。

だがしかし、この形勢が一転する時がやってくる。
旧式の鉄砲隊に対し、敵は大砲ともいえる武器を手にして来襲してくるのだ。

バケツとひしゃくの武器を手にしたダンサーがゲストの前に立つ
ウォーター・サプライズ・パーティー2013

最初はひしゃくで相手の出方をうかがうダンサー
ウォーター・サプライズ・パーティー2013

味方は眼前の敵に対し防御態勢をとっていた
と、そこへ側方から突然攻撃されたのだ
ウォーター・サプライズ・パーティー2013

この攻撃で頭から水を浴びウププと声が出る
バケツ攻撃が始まってわずか数秒で下着から靴下まで濡れてしまった
ウォーター・サプライズ・パーティー2013

ひしゃくでかなりのダメージを受けたところへ敵はとどめをさしにくる
バケツの水をゲストに向かってぶちまけるのだ
ウォーター・サプライズ・パーティー2013

とまあ、こんな感じでスプラシュッタイムが行われます。
時間にして約3分程度でしょうか。

ウォーターシュターの放水はたいしたことありませんが、バケツの水がかかると、下着までボトボトになることがあります。

当然ながら最前列が濡れる可能性が高く、濡れ方もひどくなります。
(今回のレポートは最前列の坐り見エリアからです)

今回はウォーターシュターとバケツの攻撃だけを紹介しましたが、この他にもホースで放水する武器もありまして、この放水をまともにくらうと、バケツよりもひどく濡れることがあります。

ホースの放水は飛距離が長いので、視界に入らない場所から不意打ちをくらい、一瞬うろたえることがありますが、このショーは濡れてこそ楽しいのです。

着替えなどの準備をしっかりして楽しんでください。
それと、一番気を付けてほしいのは濡れると困るものは、あらかじめロッカーに入れたり、防水対策をして楽しんでください。

次回はウォーター・サプライズ・パーティー2013のクライマックスを紹介する予定です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. もっピー」 より:

    管理人さま、こんにちは。

    猛暑の中、8日にインパしましたが、本当に暑さでおかしくなりそうでした。
    実際に熱中症で倒れられたゲストも見かけましたし。

    到着すぐにバックドロップへ走りましたが、並んでいる最中に整理券終了。
    しかも正午前まで運休という状況で、整理券をもらえた人も大変だったみたいです。
    アトラクションはもちろんのこと、レストラン、カート、自販機まで行列。
    エリアを移動するだけでも大変でした。

    ユニバーサル・ワンダーランドの予約システムを初体験しましたが、その日は予約時間が10分きざみとなっており、これまた乗り遅れないようにするのが大変でした。

    これからインパ予定の人は、くれぐれも水分補給と日よけ対策はしっかりとしてください。
    特に小さな子供さんは、気を付けてくださいね。

  2. ごもやま より:

    パーク内はコンクリートやアスファルトの輻射熱が大きく、人の密集度も高いので、体感温度は尋常じゃないですね。
    熱中症で死者が出る前に、早急に日陰を増やす対策を講じて欲しいと思います。
    グッズや飲食物売上を優先するようでは、「真夏もUSJの閑散期」になりかねません。

  3. ragtime より:

    >もっピーさんようこそ♪
    書かれているようにアトラクション以外にもレストランやカートも行列で、それもかなり長い行列になっていることがありますよね。

    行列はお盆の繁忙期ですから仕方がないこととはいえ、この異常な暑さですから、しっかりと対策して出かけて欲しいです。

    >ごもやまさんようこそ♪
    40度を超える日が3日も続いた四万十ほどじゃないにしろ、大阪の暑さもかなりのものです。
    ましてや、屋外で遊ぶとなれば、十分すぎるほどに暑さ対策をしていてほしいものです。

    ゲストで賑わうパークは理想の姿ですが、たくさんのゲストに対する対処も必要になってくるのは当然だと思います。