スパイダーマン・ザ・ライド 4K3Dに乗ってきた

シェアする

4K3Dにリニューアルされたスパイダーマン・ザ・ライド 4K3Dに乗ってきました。

「4K3D」を改めて説明しますと、フルハイビジョンの4倍と言われる映像が綺麗な「4K」という映像技術を導入して、しかも、それが3Dになって目の前に現れる、現在、日本で唯一の4K3Dライド・アトラクションとなっています。

で、その感想ですが、以前のアナログ映像との差は歴然です。

まず色が鮮やかになっているのがすぐにわかりました。
そして、ぼんやりとした印象だった背景までクッキリとしていて、すべてがシャープになっています。

このアトラクションは、ライドが進みながら場面展開していきます。
ライドが進むルートには通常のセットも組まれていて、その要所要所に4K3Dのスクリーンがあり、セットと融合するように映像が作られています。

以前のアナログ映像では、セットと映像の境がはっきりと分かりましたが、4Kになり、その境が分かりにくいほど綺麗な映像に仕上がっています。ワタシは立体になるメガネを何度かはずして確認してしまいました。

ただ、マスコミなどで取り上げられているように、スパイダーマンの筋肉など、細かい部分まで詳細に作りこまれているようですが、ライドも動くし映像も動いているので正直、そこまでは分かりませんでした。

これが、「ターミネーター2 3D」のように実写との融合であれば、もっと迫力があるのかもしれませんが、映画と違い、このアトラクションで出てくるスパイダーマンはアニメなのです^^

あくまで予想ですが、この「4K」の技術は、来年オープンするハリーポッターのエリアでも取り入れられているんじゃないかと思うのです。

たとえば、ホグワーツの動く絵画がありますよね、あの絵に4Kの技術を取り入れられるんじゃないのかな? とか考えております。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. しずく より:

    確かに くりっきりはっきり鮮明になりましたね。
    前は暗くて何となくしか見えなかった
    奥の方の建物までよく見えましたね。
    ライドに乗ってる最中、終始キョロキョロまわりを見渡してました。
    ますますハリポタが楽しみですね~♪

  2. A より:

    スパイダーマンに乗って一瞬リアルすぎて怖いなと思いました あとUSJのホームページの最新ニュースのところでATARUとコラボするとかいていましたよ。

  3. より:

    担当者が他のアトラクションにも積極的に4Kを導入していきたい考えを示してましたよね。私は禁じられた旅で4K技術を取り入れると読んでいます。

  4. ragtime より:

    >しずくさんようこそ♪
    ワタシも同じく、周りをキョロキョロしておりました^^

    何か変わったところを見つけようと思ったものの、しょっちゅう乗っていたわけでもないので、結局何もわかりませんでした(汗)

    >Aさんようこそ♪
    ATARUとコラボ…
    ワタシ、この映画というか、ドラマも見ていないので、説明を読んでも何が何だかわかりませんでした。。。

    >まさんようこそ♪
    『積極的に4Kを導入していきたい』そんな話をしていたのですね。

    ということは、ハリポタに導入されている可能性が高いですね。