縁起がいいことだと思ってほしい

シェアする

今日の話を書こうか書くまいか悩んだのですが、書くことにしました。

7月5日から開催される夏のイベントに合わせ、普段はクローズしているレストラン、ロンバーズ・ランディングにて『サンジの海賊レストラン』というレストランがOPENします。

下の写真がそのレストランです。

ロンバーズ・ランディング

このところ、ラグーン越しにハリーポッターエリアの写真を撮ることが常になっておりまして、パークに行くたびに足を向けます。

その写真を撮ろうと、このレストランの入り口付近を歩いていると、目の前を黒い物体が横切りました。

『んっ?』もしかして。
と思いながら黒い物体が飛んできたほうに歩いていくと、『やっぱり』という痕跡が足元にあり、見上げてみると静かに親を待っている2つの頭が見えました。

ツバメの巣

見ての通りツバメの巣があり、見えた限りでは2羽の雛がいて、親鳥がエサを持ってきてくれるのを待っていたのです。

場所を説明すると、ロンバーズ・ランディングの入り口部分でして、写真で説明すると、下の写真で示したように雨がかからない建物の壁に巣が作られています。

ロンバーズ・ランディング

親鳥が飛んでくると2羽がいっせいに口を開けてエサをくれ~ と声を上げ、親がまたエサをとりに巣を離れると、静かに待つ姿勢に戻るのです。

ツバメの巣

ワタシの個人的な気持ちでは雛が巣立つまで見守ってほしいのですが、生き物が嫌いな人もいるわけですし、ツバメの生態をよく知らないものの、巣を汚さないようにするため、フンを巣の外にすると聞いたことがあるのです。

となると、巣の直下に鳥の糞が落ちる訳で、巣の直下はレストランの入り口な訳で、ゲストに迷惑をかけることになるでしょう。それを考えると、巣が撤去されるんじゃなかろうか… と思ったのです。

なぜ書くのをためらったかと申しますと、先に書いたように、書くことによって保護してほしいのですが、一方ではイタズラをされるのも心配。

書かないでいて、もしこの巣が撤去されていたら、書けばよかったと悔やむだろうと思ったりと、いろんなことを考えたのです。

レストランのオープンまであと10日ほど。
調べてみると、ツバメは孵化してから20日ほどで巣立つそうですが、見たところ雛はまだ小さそうに見えるので、レストランオープンの7月5日にはまだ巣立っていないかもしれません。

かつては、家にツバメが巣を作ることは縁起が良いと言われたと聞きます。
ただし、この巣は店舗にあってお客さんに迷惑をかけるかもしれない場所に、その巣があります。それが心配なんです…

話はパークから外れますが、先月、熊本県に行った際、農産物を販売する店に立ち寄りました。

倉庫のように広い店内の天井に、おかしなものを見つけたので、よく見てみると、その店内にツバメが巣を作っていて、その糞が下に落ちないように、シートを張って防いでいたのです。

熊本にて

熊本にて

このお店ではツバメの巣を好意的に見ていて、このようにしているのだろうと思います。

ただ、上の写真のようにシートからはずれた部分に鳥がとまると、糞の影響が避けられないかもしれません。USJの場合は巣の前に照明器具があり、そこにもフンの跡があったので、巣の下にだけ対策をしてもダメかもしれません。

巣からの出入りができるスペースを保ちながら、糞が下に落ちないような対策が必要となるでしょう。難しいかもしれませんが、どうか、雛が巣立つまで見守ってほしいのと、ツバメは翌年もまた同じ巣に戻ってくることが多いらしいので、巣立ったあとも、できれば巣をそのまま残してほしい。これがワタシの希望でございます。

雛をじっと見ているのに警戒したのでしょうか、帰り際に親鳥が不安そうにワタシを見ていました。
こんな姿を見ると撤去しないでほしいと、さらに強く思うのです。

ツバメ

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. しずく より:

    この時季は、色々な場所で燕の巣を見かけますね。
    人の往来が多いところにも巣はたくさんありました。
    知ってる限りでは撤去されたところはなく、
    大概は好意的に保護されてます。
    ロンバーズの巣も撤去されることなく、
    無事に雛が巣立ってほしいですねぇ。
    撤去すれば間違いなく雛は死んでしまいます。
    撤去はダメでしょ。

  2. ragtime より:

    >しずくさんようこそ♪
    我が家の近くではツバメどころかスズメの姿も減っています。
    きっと街中では田畑が減ったことによりエサが少なくなっているのが原因だろうと思われます。

    次回、パークに行くときまで、ヒナが元気でいてほしいです。
    ヒナの敵は人間だけじゃなく、カラスなんかもいるんですよね。
    パークでもカラスの姿を見かけるので、それも心配です。

  3. もっピー より:

    管理人さま、しずくさん、こんにちは。

    7/1にパークに行きました。
    ロンバーズ前を通るときにこの記事を思い出し、ツバメたちに会いに行ってきました。
    当日はまだ元気に大きな口を開けて鳴いていました。

    ちょうど、奥の会場が団体客で使われているようで、入口横にクルーが立っていましたので、巣立ちまで見守ってあげてほしいとお願いしました。

    クルーも心配していましたよ。

    ワンピースにも鳥が登場する物語はあるので、ここはワンピースにあうちょっとしたストーリーさえ作れば、巣立つまでの対処はできると思いますし、ゲストも納得してくれると思います。

    賛否両論あると思いますが、ワンピースは自分の「命」をかけてでも仲間の「命」を守る物語ですからね。

  4. ragtime より:

    >もっピーさんようこそ♪
    ワタシもその日、雛たちを見てきました。

    ワンピースについては知らないのですが、そんな物語であれば、ツバメはそれを知って巣を作ったのかもしれません。

    でも、クルーも心配していたということは、撤去の声が出ているのかもしれませんね。
    今週見たときは3羽の雛が見えましたので、みんなが元気に巣立つまで見守ってほしいです。

    扉が閉まっていたものの、レストランの中から声優さんの声が聞こえていたので、何かのリハーサルでも行われているのかと思っていました。

  5. A より:

    昨日そとはみましたが中がこんなにかわっているなんてびっくりしました。                     昨日ラリーを全部してできたのを見せに行くと大佐が当たって黄猿に会いました。                次 夏休みになったらレストラン見に行こうと思います!

  6. ragtime より:

    >Aさんようこそ♪
    ディスプレイを除くと内装自体に大きな変化はないものの、飾りつけで雰囲気を演出していて、クルーのユニフォームがいつもと違うことで、さらにワンピース色を強くしているようでした。