USJ初のスーパーオフィシャルホテル

シェアする

昨日書いた『USJ隣接地 落札』のブログについて追記しておきたいことを見つけました。

この土地は、USJ開業当初から空き地のままで、パークが混雑するときの臨時駐車場として使われるほか、特に使用されることはありませんでした。

電車を利用してパークに行かれた方ならお分かりでしょうが、一方は商業施設、一方は工事用ともとれる壁が並んでいるだけでした。

この土地が2015年、「ホテルユニバーサルグランドタワー(仮称)」という名称で開業予定となりました。

このホテルは、約600室の客室を持つ、高さ100mのシンボル性のタワー型ホテルとなる予定で、ホテルだけではなく、シティウォークを拡張して商業施設も入り、敷地内に2つの広場を設け、回遊できる歩行者空間も作る予定とのことです。

そして、ワタシが一番着目したのが、このホテルが『スーパーオフィシャルホテル』というランクになるということ。

USJのパートナーホテルは現在、「オフィシャルホテル・アライアンスホテル・アソシエイトホテル」という3つのランクに分けられていて、それぞれに条件があり、オフィシャルホテルが一番良い条件(USJで遊ぶのに)となっています。

昨日の発表を見て、立地的にもオフィシャルホテルとして開業するのだろうと予想していましたが、なんと、『スーパーオフィシャルホテル』というランクで開業するというのです。

もちろん、スーパーなのですから、オフィシャルホテルに宿泊するよりも良い条件で宿泊することが可能なのだろうと思います。

スーパーオフィシャルホテル宿泊者は、パークの出入りを可能にしてほしい

USJは年間パス以外のチケットの場合、同日のうちの出入りができなくなっています。

一日チケットを購入して、パークの外にある安いお店で食事だけしようとしてパークを一旦出てしまうと、再入場するには、また一日チケットを購入しなければならないのです。

これは、オフィシャルホテルに宿泊していても同じで、遊び疲れたので、ホテルにちょっと戻って一休み。ということができません。

USJの場合、オフィシャルホテルの立地がパークに近く、徒歩で移動可能なため、こういった利用をするのに適しているにもかかわらず、それができないのです。

近くに住んでいる人ならいざ知らず、遠くからUSJに来られた方にとったら自由度が低く、何とかならんもんか。と、この制度に変わってから感じていたので、『スーパーオフィシャルホテル』という肩書きを持つことになったこのホテルには、そのあたりの配慮が欲しいものだと思います。

色々書きましたが、これは大阪市から正式に発表されたものを元に書きました。

この発表の中に、新しいホテルが建った、ユニバーサルシティ近辺のイラストがあるので、どのようになるのか、イメージがつかめるかと思います。

どんな施設が入るのか分かりませんが、イラストを見ると、ちょっとワクワクします^^

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ごもやま より:

    TDRと違い、ものすごく狭いエリアにパークとホテルがあるのですから、パークで客を囲い込むのではなく、ホテルとの相乗効果で楽しめるようにして欲しいものです。
    正直、パーク内で全てを済ませようと思うと、疲れるし、飽きるし、遠方からの客はリピートしてくれないように思うのです。

  2. ragtime より:

    >ごもやまさんようこそ♪
    ホテルとの相乗効果もですし、シティウォークとの共存も大切だと思うんですよね。

    電車を利用してパークに行くと、駅を降りた瞬間から夢の時間が始まる訳ですから、パークが中心にあるとしても、そのすべてで非日常を体験できる環境になってくれることを祈ります。