閑散期の楽しみ方

シェアする

営業時間が短くなるこの時期は、パークの夜景を見るチャンスが少なくなります。

というのも、土日祝日の閉園が6時や7時で、その他は5時に閉園することが多くなるのです。これだと夜景をじっくり見ることは難しくなってしまいます。

でも、夕暮れの光景を楽しむことはできます。

ワタシは夕暮れ時のラグーンが好きでして、適度に雲がある、風のない日が、個人的にベストの条件なのです。

夕焼けの赤い空なら更にベストですが、なかなかそんなタイミングの時にパークにいることがありません。

このあと紹介する写真は、風がほとんどない日の夕暮れ時の写真です。
無風だと、もっと鮮明に建物が水面に映るのですが、ほんの少し風があり、鏡のように写り込んではいません。

雲がいい感じに浮かんでいて、満足度85%の光景です。

ラグーンの夕暮れ

これも閑散期の楽しみ方の一つかと思います。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. もっピー より:

    いつも楽しく拝見しております。

    子供を持つ親からすれば、孫と一緒にUSJはこの上ない親孝行となります。
    孫を預けて久しぶりに夫婦で絶叫アトラクションを楽しみ、おじいちゃん、おばあちゃんも財布のひもはゆるゆるです。
    この家族の気持ちをチケットを買った後で「損した気分」にさせないような価格設定をお願いしたいですね。

  2. ragtime より:

    >もっピーさんようこそ♪
    仰る通り、損した気分にならないようにお願いしたいです。

    この時期は、ダイレクトインなら安く設定するとか、そんな設定もして欲しいなぁ。と思いますです。