セントラルパークのバラとハチと

シェアする

先日も紹介した、セントラルパークのローズオブフェイムの薔薇が今を盛りと咲き誇っています。

05_24a.jpg

バラというと、赤い花を連想するのですが、色とりどりの花が咲いていて、
見ていて飽きません。

一輪だけ咲く自己主張の強いものがある一方、八重桜のように、いくつもの
花が寄り集まって、モコモコとしているものもあります。

そんなモコモコしたバラで目を引いたのが「Pinocchio」という品種でした。

05_24c.jpg

最初に軸となる花から咲き始めるのか、こんな形をした花がいくつもありました。

真中にある花を守るように周りにつぼみが出てきていますよね。

この、周りの花が咲くと、こんな姿になるんです。

05_24d.jpg

モコモコしてるでしょ^^
開花のタイミングが違うため、すべてが見ごろじゃないのが残念ですが、
色が桜に似ているので、八重桜という表現をしたくなるバラなんです。

良く見ると、花の中にハチが入っていて、忙しそうに動き回っていました。

05_24e.jpg

こうして静止画になると、モコモコした花の中で休んでいるように見え、
気持ち良さそうにも見えるのです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク