天使のくれた奇跡考 その2

シェアする

今日は【天使のくれた奇跡】の観覧場所について書いてみます。

このショーは舞台の右のはずれにクリスマスツリーがあり、
そのツリーも、ショーを構成する大事なものになっています。
対して、舞台の左には何もありません。

このことから、観覧場所の前後の移動による変化と合せて、
左右の変化も考えるほうがよろしいかと思うのです。

明るい時に撮った写真では、実際の見え方が分かりにくいのですが、
写真で見てみましょう。

以下の写真は、観覧場所の最前列にあたる人工芝から立って撮っています。
上の写真から左端・中央・右端となっています。

左端
天使のくれた奇跡

中央
天使のくれた奇跡

右端
天使のくれた奇跡

明るい写真だと、その雰囲気が伝わりません。
ですから、参考資料として見てくださいね。

最後に、ワタシの好みのポジョシンはですね、左端です。

ショーのクライマックスで、天使の放った矢が、ツリーに飛んでいき
ツリーに灯りが灯される演出があるのですが、そのすべての光景を
視野に入れようとすると、左端でないとダメなんです。

という理由からワタシの場合は左端のになります。

立ち見の場所は日によって変わるので一概に良いとは言えないのですが、
何度か見ている中でヨカッタのは、立ち見の最前列の舞台に向かって
左側あたりにポジショニングすることが多いです。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. どんぐり より:

    左端から撮ったアングル・・・
    完璧ですね♪

    最前列は障害物がないのでいいと思います。

    その代わり、混雑時の場所取りが大変・・・

    私なんかですと、9時オープンで即この最前列の芝生エリアに陣をとり、そのまま約9時間・・・

    同伴者がいれば、まだ楽なんですけどね。

    これだけ大変でも、後悔はしたことありませんし、損をすることもないと思います。

    ここより1つ後ろの芝生エリアだと、電灯が写っちゃうんですよね。

  2. ragtime より:

    >どんぐりさんようこそ♪
    そうですね。
    最前列の良いところは障害物がないことですね。
    でも、朝から待つ忍耐力がワタシにはありません…

    電灯が写る…
    分かります。
    灯りが消えても、シルエットが入るんですよね^^